「やさしい暮らし」のお手伝い 介護保険を利用しての住宅改修

介護保険とは?

介護保険は、市町村などが保険者となって運営し、40歳以上の人が加入します。
加入者(被保険者)は、保険料を負担し、要介護認定を受けてから介護サービスを利用する制度です。

65歳以上の方
40歳以上65歳未満の方

日常生活で介護や支援が必要であると認定された場合にサービスを利用できます。
老化が原因とされる病気で、日常生活に介護や支援が必要であると認定された場合にサービスを利用出来ます。

  • 介護保険料を納めます。
  • サービスを利用するため、要介護認定の申請を行います。
  • サービスを利用し、かかった費用の原則1割を負担します。

藤沢市(保険者)が制度を運営します。

  • 要介護認定を行います。
  • 保険証を交付します。
  • 介護保険料の算定・徴収を行います。
  • 介護報酬の支払いを行います。
  • サービスの確保・整備を行います。
  • 地域密着型サービス事業者の指定・監督を行います。
  • 地域包括支援センターを設置します。
  • 介護予防事業を行います。

認定後、住宅改修の支給を受けることが出来ます。

住宅改修費の支給

実際に居住する住宅(住民登録地)を改修した際に、月々の支給限度基準額にかかわらず、20万円を上限額として改修金額の9割相当額を支給します。

対象となるのは次の改修に限ります。

  1. 手すりの取り付け
  2. 床段差の解消
  3. 引き戸等への扉の取替え
  4. 洋式便座等への便器の取替え
  5. すべり防止及び移動の円滑化等のための床または通路の材料の変更
  6. その他1~5の改修に付帯して必要となる改修

住宅改修費・介護予防住宅改修費の支給を受けるには、工事をする前に藤沢市の窓口へ「住宅改修支給申請書」を提出することが必要です。

住宅にかかった費用は、いったん利用者が全額自己負担します。領収書などを添えて藤沢市の窓口に「住宅改修完了届」を提出することで、費用の9割相当額が保険給付分として支給されます(償還払い)。