2012-12 なりもの

みなさんこんにちは!実りの秋ですね。子供の頃からなぜか「なりもの」を収穫するのが大好きで仕事をリタイアしたらやっぱり農家に弟子入りしようと思っている 篠ヶ瀬 隆(ささがせ たかし)です。

先日、早朝勉強会のメンバーSさんが所有している果樹園におじゃまして「柿もぎ」をしてきました。果樹園があるのは茅ヶ崎市芹沢という所で近くには「県立里山公園」があり、とても良いところです。ここへ来ると日頃せわしなく動いている私にとってのんびりし、まるで時間が止まったように感じられます。

公園から近いSさんの果樹園は柿の木が百本もあり、また今年は「なり年」で特に多く「なった」のだそうです。決められた一時間で約百個取らせて頂き、そのあと会のメンバーと食事して解散、辻堂で買い物をしてから帰りました。翌日、現在工事中のお客様宅へ少しずつですが配って回りました。まだまだ取りきれず沢山残っているというので、又お伺いしようかと考えています。

創業昭和31年、地元の皆様のための地元のリフォーム「 ブレーカーが落ちる ! 」

「よく台所で電気を使いすぎ、電気が消えて困る」というI様のお宅に行ってきました。これは配電盤の中で「台所の回路」で同時に多くの電気器具を使うと容量オーバーで止まってしまうのです。ブレーカーと呼ばれる右側の小さい一つの回路の最大ワット数は2000ワット。なので、トースター何W、電子レンジ何Wと同時に使う器具のワット数を足していき、合計がこれを超えないように工夫して使う方法が一つ。もう一つは配電盤からエアコン用のように別回路のコンセントを設けて分散させる方法もあります。

左の大きいブレーカーが落ちてしまう場合は「家全体で使いすぎ」なので元の契約の容量(アンペア)を上げる必要があります。その他にワット数が大きい器具は炊飯器、湯沸しポット、ホットカーペット、アイロン、ドライヤーなどがあります。

今月のお勧めリフォーム!!暖房があたり前の季節になるとチョッと気になる愛しいペットとの快適な暮らし方!

ペットとひとことで言っても、犬や猫に始まり鳥・亀・フェレット・イグアナなんかも立派なペットですね。ここでは代表的なペットである犬・猫と暮らすためのリフォームをご紹介します。

ペットリフォームの基本!滑らない床

犬猫に関わらず通常のフローリングでは、犬が滑って股関節脱臼になることもあります。滑らないだけでなく、キズが付きにくく汚れも簡単に落とせ、ちょっとおしゃれな「床タイル」なんていかがでしょう。

一緒に暮らしていれば気にならない、でも・・・ニオイ対策

一緒に暮らしていれば慣れてしまうペットのニオイ。でも来客のことを考えると、やっぱり気になりますよね。そこで、ニオイを吸収する壁材「エコカラット」を。

玄関脇の優れモノ!散歩に便利

犬に散歩は欠かせませんが、家に上がる前の足拭きは少し面倒ですね。そこで玄関脇にペット水洗を。暖かい日はついでに身体も洗っちゃいましょう。また、玄関脇にはリードフックもあると便利ですね。

大切なペットの安全対策に

シッポが挟まれないよう室内ドアにドアクローザー、噛んだり引っ掻いたりして感電しないようにコンセントカバー、犬にチョコやネギ類は厳禁なのでキッチンにペットフェンスを。などなど、いろんなことが考えられます。

大切なペットのストレス解消に

高い所が好きな猫にはキャットタワーやキャットウォーク、猫と小型犬には出入り自由なペットの出入口。さらに、バルコニーとリビングを同じ床タイルにして、家の中でのペットの行動範囲を広げてみてはいかがでしょう。

ペットと暮らす家づくりは、是非、当店にお任せください。
また、リフォーム全般も承ります。お気軽にご相談ください。
(担当:篠ヶ瀬)0120 – 77 – 3587