2013-03 うれしいお客様

みなさんこんにちは!先日完成したモデルハウスを見て「やっぱり新しい家は良いなあ!」と自分で買いたくなってしまった 篠ヶ瀬 隆(ささがせ たかし)です。

先日一月二十六日(土)~二十七日(日)は当社新築モデルハウスのオープンイベントを開催しました。おかげさまで多く(二十八組)のお客様が来場され大盛況でした。リフォームとちがい新築を求める年齢層は三十代と若く、小さいお子さんを連れての来場が多く手伝いに駆り出したウチの奥さんは子守で大忙しでした。

うれしいお客様

最初の来場者は当社の顧客で鵠沼海岸にお住いの武田さんでした。武田さんはいつも応援、励ましてくださるありがたいお客様で、今回のオープンが自分のことのようにうれしくて、と駆けつけて下さいました。「いいわー。いいわー。」を連発。「うちの大学生と高校生の孫が将来こんな家を建てられるようになったら良いわねー」と早速「古い離れを壊してそこに建つかしら」とプランを考えていました。

「いつかは新築」と長年思っていた夢と計画が多くの方の協力と支援のもと実現し、うれしいと同時に身の引き締まる思いです。リフォームと新築を車の両輪と捉え、これからもますますがんばります!

創業昭和31年、地元の皆様のための地元のリフォーム「 やっぱり雨戸? 」

去年からものすごい強風の日が何日かありましたね。そんな時は雨戸が無いと不安なもの。鵠沼橘のYさん宅では飛来物(木の枝)が当たりガラスがわれてしまい、修理にお伺いしました。

最近の窓は雨戸を付けると美観を損ねるということ、またガラスの性能が良くなった(断熱や防犯ガラス)ため「雨戸なし」の家が多くなりました。

でもやはり住んでみて安心できないということで、後付タイプの雨戸を付けることがあります。しかし戸袋を付けるスペースがない。そんな時有効なのはシャッター式の雨戸です。これはサッシを外から被うように割と簡単に取付られるのでお勧めです。

従来の木の雨戸は2枚まで。それ以上だとストレスになりますので、アルミ製に直しましょう。

今月のお勧めリフォーム!そろそろ新生活開始の季節!バリアフリー・リフォーム“で快適生活!

毎日のことだから、少しでも身体への負担を減らしたい!「歳のせいか最近立って料理をするのがつらくって」、「怪我をしてからお風呂にはいるのが一苦労」など、日常の生活動作でお悩み事ありませんか。大きなリフォームじゃなくても、動作を助ける機器の設置や設備の入れ替えだけで随分と毎日の暮らしが楽になりますよ。そんなお助け機器や設備をご紹介します。

  • シャワー・ド・バス
    浴槽に入らなくても入浴気分!霧状のお湯が噴き出し、シャワーなのに体全体を暖めます。
  • 便座昇降装置おしリフト
    膝や腰に負担が少ない!リモコンスイッチで便座が上下し、トイレでの立ち座りをサポートします。
  • ドゥケア・カウンター
    座ったままで、洗顔できる!足がすっぽり収まる洗面台、車椅子や座ったままで使用できます。
  • システムキッチン イスト
    長時間の立ち仕事からこれで解放!座ったままでも無理なく料理ができる、ニースペースを確保したタイプが選べます。
  • 手摺各種
    動作支援安全対策の基本!トイレに浴室に階段に、場所に応じて様々な手摺を用意しています。

親御さんたちとの同居開始や、2世帯住宅のリフォームなどバリアフリー工事なら、何でもご相談ください!
お問合せご相談は当店へ。(担当:篠ヶ瀬)0120 – 77 – 3587