2013-08 お客様に夢と幸せを

みなさんこんにちは!今年は早い梅雨明けでしたね。夏と言えば海、海と言えば波乗り。若い時は全身真っ黒だったのが今では気持ちが悪いほど真っ白(足が)な 篠ヶ瀬 隆(ささがせ たかし)です。白い足で短パンはカッコ悪いんですよね。だから余計にはかなくなってしまいます。

今回は新築事業レポートです!今年から始めた新築事業、モデルハウスに来られるお客様は若くてほとんどが三十代。そして波乗りをやる人がとても多いのです。そのため、海の近くが良いのだけど奥さんに津波を心配、反対されてしまいます。

昔から住んでいる人はともかく新たに土地を求める人にとっては悩ましいところですね。こちらもどうアドバイスしていいかこれまた悩んでしまいます。

今までのリフォームもお客様に喜んでいただきやりがいがありますが、新築は生涯を、すべてを左右するだけに責任重大です。ただ品物を売るだけと異なり、お客様に夢と幸せを、「家を土台から作る」ように共に協力しあいながら築いていくことが求められます。そんな仕事に携わることができて改めて良かったな、と思っています。

創業昭和31年、地元の皆様のための地元のリフォーム「 一番多い依頼は漏水です! 」

当社で一番多い仕事はリフォームではなく修理。色々な依頼を受ける中で最も多いのが、漏水です。まず「水道料金が高くなっています」と水道局から指摘。一番に疑うのがトイレのタンク内での漏水。部品(パッキン)が経年劣化して便器の中に漏れます。

これに異常がなければ地下漏水。この中で1番が塩ビ管から鉄管に変換する部品のゴムパッキンの劣化。2番が木の根の成長で太くなることにより塩ビ管を押して割れてしまう。3番が水道メータ近くに使われている鉛管のピンホールです。

どこで漏れているかを聴診器のように金属の棒を各水道栓にあてて通水音の大きい所を探します。その近くの地面を掘ると水が湧きだしてきます。

今月のお勧めリフォーム!台風シーズンが来る前に、備えあれば憂いなし

屋根の点検しておきませんか?
屋根や雨どいの点検ってしたことありますか?今年もまた昨年のような強い台風や、ゲリラ豪雨のシーズンが来る前にしっかり点検しておくことをお勧めします。

くれぐれもご注意ください!

この時期は、台風シーズンを前に屋根瓦や雨樋などの無料点検をえさに悪質訪問事業者が、皆様
のお宅を狙っています。最近では業者の手口も様々で、中には近所で工事をやっているからと挨
拶を口実に近づいてきたりする悪質業者もいます。一度敷地や家の中に入れるとあとは事業者の
思うつぼです。契約を急かされたり不安をあおったり。どうぞお気をつけください。

この際、リフォームを!とお考えの方もお気軽にご相談ください!

ポイントは維持費(メンテナンス性)と価格のバランス!屋根リフォーム

屋根リフォームのポイントは「メンテナンス性」と「耐久性」そして「重さ」。屋根が軽いと耐震性が向上すると言われているので、最近では「重さ」も屋根選びの重要なポイントになっています。メンテナンス性と耐久性なら「瓦」、重さなら「金属」、価格なら「シングル」と「スレート」というふうに、素材ごとにポイントがことなります。

お問合せは、こちらまで ⇒ 0120-77-3587