2014-07 産業フェスタ

みなさんこんにちは!夏が近づくと子供の頃良く通ったプールガーデンをなつかしく思い出す篠ヶ瀬隆(ささがせたかし)です。海岸には海の家がだいぶ建ってきました。早く梅雨があけると良いですね。

01先月5月24日~25日に市民会館周辺で行われた藤沢産業フェスタに出店しました!この催しは市内の商工業者の事業紹介の他に、フリーマーケット、各サークルが踊りなどを披露する年一度のお祭りです。出店の目的は多くの人に当社を知ってもらうことなので、出し物は「これ!」というものがありませんが、新築・リフォームの紹介の一環として材木を小さく切り落とした半端を差し上げ、中でもヒノキ材の木切れが思いのほか好評で足らなくなり、途中で補充したほどです。

ヒノキの香りに誘われた多くの人が立ち寄ってくださいました。チラシなどの広告やこういった宣伝活動は漢方薬と同じで、効いてくるまで時間がかかると言われます。限られた予算の中で飽きずに辛抱強く続けることが求められます。

ですので、来年も出店することにしました。交代で他のブースに見に行ったり、買い食いをしたり、皆で楽しんだ二日間でした。来年も是非遊びに来てください。
02

今月は当社の「頼もしい職人さん」を紹介します!

リフォームは大工さんだけでなく、さまざまな業種の人たちの共同作業によって成り立っています。当社も多くの協力業者の皆さんに支えられています。

久しぶりの「職人さん編」1人目は水道工事を依頼している神大設備工業の高橋さん。いつもにこにこして気持ち良い仕事をしてくれます。水道は壁の中や地面の下に埋まって見えないもの。だから漏れるととてもやっかいなのです。ごく簡単な事なら私でも直せるのですが、地下漏水は大変なので、たいていお願いしてしまいます。

二人目は渡辺塗装の渡辺さん。塗装工ほどごまかしができる仕事はありません。「持ち」にそのまま表れます。実直な性格がそのまま反映され、そのていねいな仕事ぶりはお客様から「指名」を頂くほどです。塗装は天候に大きく左右されます。雨の日、風の日、暑くても、寒くても。辛抱強くないと勤まりません。

職人さんというと「こわくて荒っぽい人」というイメージがありますが、当社の職人さんは皆やさしくて丁寧です。これからも協力業者の方たちと力を合わせてお客様のお役に立つよう努めてまいります。