2014-09 早起き 実践報告!

みなさんこんにちは!
二年半前に早起き宣言をして以来(ほぼ!)毎日早起き(四時!)を続けていることで「良かったなー」と実感している 篠ヶ瀬 隆(ささがせ たかし)です。

今月は 早起き実践報告です

良かったこと
①風邪をひかず寝込む事が無くなった。
②規則正しい生活が送れるようになった。
③昔の適正体重に戻った。

困った事
①本が(ほとんど)読めなくなった。
②宴会など夜のつきあいができなくなった。
③「疲れた顔をしている」と言われることがある。

早起きはお得?

まとめ① 早起きのヒケツとは?
目覚まし時計を少し離れた所に置いて寝る。鳴ったと同時に立ち上がり時計を止めてそのまま歩いてトイレと洗面所に行き、すぐに着替える。(着替えはすべて前の晩に用意)

まとめ② 早起きすると痩せる?
早く起きるために早く寝る必要がある。なので夜更かしや余計な事をしたくてもできない。夜遅く食事をしない。食事する場合満腹になると苦しくて寝られないのでごく軽くで止める。自然に「足るを知る」ようになるのでカラダも自然に元の体重に戻りました。

まとめ③ 早起き=心を整える
「四時?無理無理!」とか「寝不足で健康を損ねない?」など、いろいろ周囲から言われました。「眠い、つらい」と思ったこともありましたが、つらいのは一瞬、そのあとは気持ち良く(特に夏)早く起きた分だけ生きている時間を長く有効に使えて「お得」なことなんだな、と思えるようになりました。未だ時計に起こされていますが時計がなくても決めた時間に起きられるように、たとえば子供の頃遠足に行く前の晩みたいな心境で床につけるようになることが次の目標です。