いまどき断熱性の低い家なんて・・・

光熱費の節約につながる断熱性                             理想は「夏も冬も快適な家」ですね。その願いを叶えてくれるのが「家の断熱性」。冬になると畳の下に新聞紙をしいて、すきま風をふせいだのは昔の話。今は快適に過ごせる優れた商品がそろっているので、これを使わない手はありません。

断熱性の高い家は外気の温度を室内に伝えず、室内の温度を外に逃さないため、あまり冷暖房を使う必要がなく、光熱費を抑えられます。

逆に断熱性の低い家は、冷暖房を強くしても、外気の影響を受けて夏も冬も、なかなか快適な室温になりません。そればかりか、暖房している部屋と、廊下やトイレなど暖房していないスペースの温度差が大きくなるため、ヒートショックの原因にもなります。心臓に持病のある方、血圧の高い方は要注意です!

さらに、断熱性の低い窓や壁は、結露を起こしやすく、カビや細菌繁殖の原因にもなります。結露は健康にも良くありませんし、壁の内部の防湿層がないために起こる内部結露は家の劣化にもつながります。ご家族の健康のために、断熱性の高い家へのリノベーションをご検討ください。

例えば・・・寒い冬も暑い夏も、快適な暮らし

グラスウール                           断熱はトータルに                                   古い家は断熱材が不十分な場合が多くあります。床下や壁、天井裏などのすきまに断熱性に優れた『グラスウール』を充填することで、家をトータルに断熱できます。どこか1か所でも断熱性が低いと、熱はそこから逃げてしまいます。ご自宅の断熱材をこの機会に見直してみませんか?

断熱材を補填することで、今ある断熱材をもっと効率的に機能させることが出来ます。

 

換気システム                              換気システムで快適に                                 断熱リフォームと同時に換気システムを見直し、計画的な給気と排気を行うようにすれば、常に新鮮な空気を室内に循環させることができます。 より快適で健康的な空気環境にするためには優れた換気システムが欠かせません。

ある老人ホームで冬の時期に風邪予防に欠かせないのが、食事の前の手洗いの徹底と、換気がもっとも大切だとニュースで報道されていました。そこの老人ホームでは食事の前に、ゆっくり時間をかけて必ず手を洗う、そして1時間ごとに5分から10分換気をしたところ、入居者が風邪をひかなくなったそうです。家族が健康でいるためには、換気が大切なんですね。

 

複層ガラス                               複層ガラスで結露防止                                 ガラスを重ねた複層ガラスは、ガラスの間に空気の層ができるため、断熱性が高く、外気を直接伝えにくく結露を起こしにくいことが特徴です。遮熱や防露のみならず、UVカットや防犯性能にも優れた商品もあります。

 

インプラス                           内窓で冷暖房費を節約(インプラス)                                 家の中でも熱の出入りが激しい窓に内窓をつけて二重にすれば、外の熱を内に伝えにくく、内の熱を外に逃しにくくなり、冷暖房費を節約することができます。また、気密性の高いサッシも断熱効果が上がります。

さらに遮熱高断熱複層ガラス入りのインプラスを使うと、室外側ガラスにコーティングした特殊金膜により、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めるのはもちろんのこと、窓から入る熱をカットし、紫外線も大幅に遮断するので、家具やインテリアの色あせも防ぎます。

夏に日焼け止めのクリームを使ったり、日傘をさしたり、アームカバーやスカーフで完全装備しているのに日焼けしてしまうのは、もしかすると家の中で日焼けしているのかも・・・

この機会に、ご自宅の窓をみなおして見たほうが良いかもしれません。毎年たくさんお金をかけて努力してきた日焼け対策が、もし窓のせいで台無しになっていたとしたら、悲しすぎますよね。