カーテンで春を演出!

 あまり手間をかけずにインテリアも春らしく気分転換したい。
そんな時、カーテンを利用したイメージチェンジをオススメします。

ポイント1
「レース」や「ボイル」などの薄手のカーテン生地の活用

「レース」は、白い生地や無難な花柄のイメージが強いのですが、
今では個性的、そして大胆な柄を持つ面白いものが登場しています。

また、厚手のカーテンの補助的な印象が強いですが、
この春は薄手のカーテンを前面に出したインテリアデザインに挑戦してみましょう。

「ボイル」とは細い糸を使った生地のこと。
こちらも室内のデザイン、家具やカーペット、ベッドカバーなどと
コーディネートしてみましょう。

ポイント2
部屋のイメージやカラーリングに合わせた生地選び

ポイント3
部屋に入る陽の光も活かしたインテリアデザイン

この春は、薄手のカーテン生地を室内側に掛けてみましょう。
それだけで部屋の印象が大きく変わるはずです。

部屋のインテリアに呼応した生地やカラーリング、
そして薄い生地を透した陽の光を室内に取り込むことで、
いっそう春らしさを感じることが出来ますよ。

リーズナブルな価格のカーテンを取り扱う店も増えてきました。
ショールームに行くと楽しくて時間がたつのも忘れてしますよ。

皆様、ぜひお試しください!