プロが教えるリフォームのコツ 大型シンクの落とし穴

キッチン

每日の食事作りは主婦にとって欠かせないもの。効率良く

作業をして、少しでも負担を減らしたいですね。

コンロは2つよりも3つのものを選ぶと、メインディッシュ、副菜、お味噌汁など同時に調理が出来て便利。シンクは大きな中華鍋も洗いやすいように、サイズアップ。食洗機もビルトインのものを取り付ければ、食後の後片付けの悩みも解決します。

しかし、ここで気をつけたいのがL型のキッチンです。コンロ側、シンク側が共に短いので、作業スペースが短くなります。さらに、前のキッチンよりシンクやコンロを大きくすれば、その分作業スペースは狭くなるのも当然です。少なくとも、使いやすいキッチンにするためには、作業スペースを幅45cm以上はとるようにしましょう。

作業スペースが狭いと、シンクの上にまな板を渡して調理するはめになり、手元が不安定で危ないですし、せっかくリフォームしても、使い勝手の悪いキッチンになってしまいます。

また忘れがちなのが、ゴミ箱の置き場所です。可燃、不燃、ペットボトルなどゴミの分別化がすすみ、以前よりゴミ箱を置くスペースが必要になっています。

ゴミ箱が通路に置いてあって動線をふさぐと、作業がしづらいばかりでなく、熱いお鍋を持って移動するときに、危険を伴うことも。

リフォームする時は、実際に普段使っている調味料入れやまな板、ゴミ箱の寸法も測って、計画しましょう。