ワークトライアングルでキッチンの事故を減らす

シニアリフォーム                                   これからは、キッチンでの事故を減らす環境づくりが大切!

ワークトライアングル                                 動線を整理することで、ムダな動きをなくしてガスコンロや熱い鍋などとの接触の危険を減らすことができます。冷蔵庫、シンク、加熱調理器具の頂点をつないだものをワークトライアングルと呼び、各辺の長さと3辺の合計が動線を考えるポイントです。

キッチン  ワークトライアングル

ワークトライアングルの大きさは360cm~600cmが理想!キッチン全体の移動歩数は約6~12歩が目安です。

主婦がキッチンにいる時間は1日5時間ほどと言われています。人間の睡眠時間を8時間とすると、起きている時間の1/3を過ごす場所がキッチンです。主婦にとって生活の大半を過ごす場所と言っても過言ではありません。ストレスのない安全なキッチンで、より快適な每日を過ごしてみませんか?