・失敗しない色選び  色を制する者はインテリアを制す!

色えんぴつ人間が得る情報量の8割は視覚からと言われています。その中でも色が与える印象は大きなウエイトを占めています。一面真っ赤なお部屋や何十色もの色や柄に囲まれたカラフルなお部屋に一日いると疲れてしまうという方が大半だと思います。これは脳が視覚から得る情報量の多さに疲れてしまうということです。

勿論、人それぞれ好みがありますからそういった空間の方が楽しい、ウキウキするという方もいらっしゃいます。クリエイティブなお仕事の場としてあえて脳に刺激をあたえるため寝室以外であれば、それもありだと思います。

基本的には寝室は柔らかい色の方がお勧めです。クリーム系をベースにお好みの色を薄ら取り入れると良いですね。ブルー系は神経を落ち着かせる効果があり、ピンク系は精神的に落ち着く効果があるそうです。

因みに子宮の中はサーモンピンクだそうで、その色に囲まれることで胎内にいた時の安心感を感じるそうなので、寝室の壁紙や寝具に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

それから薄く明るい色は広い・軽い・柔らかい印象、暗く濃い色は狭い・重い・固い印象を与えます。 柔らかい物の上に固いものが載っていると不安定な感じがします。空間も一緒で床より壁や天井が暗い色だと落ち着きません。壁紙を選ぶときは床より少し明るい色をお勧めします。

ただし、薄めの色ばかりだと妙に明るくて落ち着かないとか汚れが気になるとかというお声も聞きます。その場合は少し凸凹のある素材を選んだり、一面だけアクセントクロスやタイルを貼ってみるというのが良いと思います。そこで、好みを取り入れることによって更にその空間が居心地良くなることでしょう。

外壁にも同じことが言えます。2色使いの場合は1階を濃いめの色にすると安定感・重厚感のある外観になります。ただし外壁もインテリアも周囲との調和があってのことなのでインテリアなら家具やカーテン、外壁ならばサッシや外構や近隣との兼ね合いを踏まえた上でお気に入りの色を選んでお住まいに取り入れてみてくださいね。