我が社の宝 「お客様の声」 渡辺塗装さん  2016.3

頼りになる協力業者の「渡辺塗装」さん

今月はお客様ではなく、協力業者の渡辺塗装さんとの「屋根塗装」にまつわるエピソードのご紹介をします。一般的に外壁と一緒に屋根を塗ることが多いですが、渡辺さんは屋根は「塗らない方が良いですよ」と言います。なぜかというと現在8割くらいの住宅に使われている「カラーベスト」「コロニアル」と呼ばれている着色セメント板は、確かに塗ってキレイになるものの、①水のはけ口である屋根材重なり部を塗膜でふさいでしまうため、雨漏りすることがある。②塗料を塗ると、蒸れるため野地板という下地材(合板の場合)がふやけて強度が落ちるので、屋根の上に乗るとたわむため屋根材、防水紙共に割れる。他にもいろいろありますが、詳しくはとても書ききれません。

こういった情報は全くお客様に分からないことで、又、塗装屋さんにとって「屋根」は作業性も良くいわゆる「おいしい仕事」ですが、こんなことは知っていても言わない塗装屋さんが大部分なのではないでしょうか? 以来当社では塗り替えではなく、葺き替えをお勧めしています。

愚直で尊敬すべき渡辺さんの紹介でした。

渡辺塗装の渡辺さん1

渡辺塗装さんと社長