日差しをコントロールして快適な夏を・・・

hiyake_woman

 

暑い夏、エアコンフル稼働の毎日では地球にも体にも、そして家計にも優しくありませんよね。

そこで少しでもエアコンに頼り切りにならない方法を考えてみてはいかがでしょうか?

周辺に植物や水辺があるような環境であれば、そこを抜けてくる風は気持ちがいいのですが、なかなか・・・

お庭があれば夏は生い茂り冬は葉を落としてくれる落葉樹を植えるのはいいですよね。

ただ、植物によって、一番いい植樹の時期が異なりますので、今から慌てて考えても今年の夏は間に合わないかもしれませんね。

今からでも間に合う事と言えば、窓から入る日差しを遮る「すだれ」「よしず」です。これはてっとり早いですね。

視覚的にも風情が有って私は個人的には好きですが強風時には飛んでしまうこともあるので

外壁や軒に金具をしっかり固定して使用できるスタイルシェードを設置することをお勧めします。

それから直射の次は輻射です。

一旦、地面にあたった日差しが照り返して家に入ってくる…これが結構な熱の元です。これを減らすには建物周辺を土や芝にすることが一番ですが「保水タイル」を置くという方法もあります。これは文字通り保水性があるタイルなので打ち水すると水分を溜めて気化熱によって表面の温度を下げてくれます。

ただし、打ち水は炎天下にしても効果は少ないどころか、逆に温度をあげて不快になってしまうかもしれません。

気温の下がっている朝夕に行って下さい。

それでも、まだまだというときは外壁を遮熱塗料で塗装することもできます。

建物外壁の表面温度上昇を抑制する効果が期待できるので室内に伝わる温度も下がります。

このように家の中の環境は外のつくりで大きく変わります。

みなさんも上手に日差しをコントロールして快適な夏をお過ごしください。