早生まれ、遅生まれ

1月1日〜4月1日に生まれた人を「早生まれ」、4月2日〜12月31日に生まれた人を「遅生まれ」と呼ぶ。学校年度が4月1日〜3月31日なのに、なぜ3月31日でなく4月1日生まれの人までが早生まれ扱いになるのか不思議に感じたこと、一度くらいはありませんか?

4月1日生まれの人が「早生まれ」となる理由には「民法」と「学校教育法」の2つの法律が絡んでいます。民法では人が年を取るタイミングは「誕生日当日でなく誕生日前日の深夜12時」と規定されています。つまり、4月1日生まれの人の場合、法律上では3月31日に年を取ることになります。(これは前回の閏年閏日生まれの人の話で出てきましたね。)

もう一方の学校教育法では、「子女が満6歳に達した翌日以降における最初の学年の初め(要するに4月1日)から小学校に行く」と定められています。という事は、4月1日が誕生日の子が「法律上6歳になる」のは4月1日の6歳の誕生日ではなく3月31日(の深夜12時)となります。その子から見て「6歳になった翌日以降」の最初の学年の初めは、6歳の誕生日当日になります。

なんだかややこしいですが、わかりましたでしょうか?小泉内閣時代に国会答弁に書けられましたが、結局変わらなかったようですよ。