美容系オイルでお肌も髪も健やかに!

オイルを使うとどんな良いことが?

そもそも美容系オイルを使うとどんな良いことがあるのでしょう?肌になじみがよく肌内の水分と結びついて蒸発を防ぐので、保湿の手助けをしてくれます。また、オイルが肌内に浸透することで肌の細胞の密度を高め、保護するという役割も。まち論オイルが持つ成分が肌の栄養にもなります。その一方でオイルの性質によって余分な角質を取ってくれる作用も。オイルに抵抗がある人はテスターを二の腕の内側などにちょっとつけて時間を置き相性を確認してみると良いですよ。

ポピュラーで使いやすい美容系オイル

オリーブオイル

食用よりもさらに精製したもの。美容に良いとされるオレイン酸が豊富でビタミンA、Eも含み、乾燥肌に良いです。いくつかグレードがありますが、エキストラ・バージンがおすすめです。

【使い方】
肌の保湿に最適で、かかとやひじなど、カサつきやすいところに擦り込むのもオススメです。顔はお手入れの最後に1滴を手で伸ばし、顔に手を当てながらなじませます。

ホホバオイル

ホホバの種子から搾ったオイル。さらっとして肌馴染みが良いのが特徴。非加熱処理の黄金色の「ゴールデンホホバオイル」がおすすめ。アミノ酸やミネラル、ビタミンA、D、Eが豊富です。

【使い方】
顔に使うときは化粧水後にオイルを手で伸ばし、顔に手を当てながらなじませます。お使いの乳液に混ぜて使うのも良いです。髪のお手入れにもおすすめ。髪を乾かす前に毛先から全体になじませてブラッシングしましょう。ちなみに加熱処理し栄養分が抜けた透明タイプはマッサージのベースとして好きなアロマオイルと合わせてどうぞ。

スクワランオイル

深海ザメの肝臓やコーン、ベニバナから採られた成分「スクワレン」を美容用に精製したもの。肌の新陳代謝をアップさせる効果が期待できるほか、お肌の保護保湿にも良いです。

【使い方】
化粧水をつけた直後の濡れた肌に伸ばすことで潤いに期待が。100円玉程度の量を顔に伸ばしてクルクルとマッサージすると古い角質を落としてくれます。

アルガンオイル

モロッコに生息するアルガンの木の種子から抽出されたオイル。オレイン酸やビタミンEを含むので美容によく、抗酸化力があるので皮膚を癒す力があります。

【使い方】
化粧水の前に伸ばしてつけると化粧水の浸透をよくし、お肌を保護してくれます。浸透性が高いのでヘアケアやハンドケアにも。爪の甘皮に1〜2滴擦り込むのもおすすめです。お風呂に10〜20滴垂らして入浴すればお肌しっとりです。