落雷でインターホンが故障する?

こんにちは!
ライファ鵠沼(株式会社マルハチ)のエンジョイライフナビゲーター堀田です!

最近、突然大雨が降ったりとおかしな天気の日が多いですね。
雷がなった次の日にインターホンがならなくなった!というお客様が多いので、今日は雷の影響についてお届けします。

雷の電流は数キロ先までやってきます!

雷の電流は電柱やアンテナなどに落ち、色んなところを通って地面に放電されます。
その際、通信用のケーブルや電話線、地面に埋設されている配管などを伝って家の中にまで電気が侵入し、一時的に高電圧状態となり 家電などを故障させます。

通常電気は通さないような物にも 雷の電流は流れます。
これは絶縁破壊といわれる現象で、雷のような高電圧であればどこでも電流を流してしまうのです。
空気を伝わって放電するため、落雷の場所から離れた場所でも機器の故障が起こったりします。

雷によるインターホンの故障は火災保険が適応されます!

インターホンは建物の付属設備とみなされます。
火災保険に加入されている場合は 保険会社に問い合わせてみましょう!

保険会社やご加入の保険内容によって補償内容が異なりますので詳しくは保険会社にご確認下さい。
液晶テレビなどが コンセントからの過電圧によって故障した場合これらは家財扱いとなるため、通常の火災保険は適応されません。

何とか対策できないの?

  1. ご家庭で簡単にできる雷による家電故障対策として雷ガード機能付電源タップがあります。価格も2000円程度ですので、大切な家電だけでもこの電源タップを使用すると、もしもの時に安心です。
  2. 雷ガード゙機能をブレーカーにつける事もできます。これは 避雷器 といってブレーカーに取り付けることで、コンセントの元から雷対策を
    することができます!
  3. 避雷器とブレーカーが一体になった 避雷機能付住宅用分電盤 というものもあります。

まめ知識

  • アクセサリーなどの金属類は すぐはずしたほうがいいの?
    つけたままにして下さい!身体の中に流れる電流が金属に集中するので、その部分はやけどしてしまいますが命が助かる確率は高くなります。
  • 傘をさしている人? アクセサリーをつけた人??
    カミナリは傘をさしている人を狙います。上で書いたように、ゴムでもなんでも雷の前では無力になってしまいますのでとにかく低い姿勢!が大切です。
  • 低い姿勢って?地面に寝そべれば安心?
    それはダメです!雷の電流は地面に放電されます。地面も危険なのです!
    なので少々きつい体勢ですが、地面には靴底だけをつけて身体を丸めて小さくなりましょう。
  • カミナリさまは おヘソを狙う!?
    カミナリさまがヘソ好きなのは有名な話しですが、実際のところどうなのでしょう?私が今回調べた限りでは、どうもおへソを隠す体勢というのがポイントなのかなと思いました。カミナリは高いところに落ちますから・・・カミナリが来たらヘソを隠せ!つまり・・・体勢を低くしなさい!という事ではないかと結論付けました!昔の人は賢いですね。

また台風が近づいています。
備えあれば憂い無し。と申しますが、なかなか面倒なものです。
せめて今のうちに 知識の準備 と イメージトレーニング だけでもしておきましょう!