防犯対策リフォームで空き巣に嫌われる家に。

7-1

一戸建て住宅への空き巣の約7割はガラスを破っての侵入です。手口はガラスを割り鍵を開けるという方法です。手慣れた空き巣なら数秒で音も立てずに窓を破ってしまいます。とにかく素早く逃げたい空き巣が苦手とする家は侵入時間がかかる家です。

小さな窓であっても面格子を取り付けると効果的です。上階ではつけていない家も見かけますが2階のトイレの小窓から侵入されたケースも聞くので油断は禁物!面格子は簡単に外すことができない防犯タイプを選びましょう。

ここで気をつけたいのは全ての窓に格子をつければ安心・・・ではないことです。すべてにつけてしまうと今度は火災等の非常事態に避難経路が確保できなくなるということです。

そこでお勧めは防犯ガラスです。防犯ガラスは2層のガラスの間にシートを挟んだもので空き巣対策にはもちろん、割れて

も破片が散乱しにくいので地震や台風対策にもなります。

 侵入経路だけでなく家の周りの環境も見直してみて下さい。茂った樹木は刈り、高いブロック塀は視線が通るフェンスに交換するなどして空き巣が作業しにくい環境を整えましょう。

 更に、勝手口や玄関周辺照明を人感センサー式に変えるたりカメラ付インターホンに交換するのもいいかもしれませんね。

 ぱっと見て防犯意識の高さがわかると空き巣は近寄りにくくなるでしょう。

 住まいの犯罪は被害に合う前に対策をしておくことが肝心です。皆さま、防犯について見直してみてはいかがでしょうか?