キッチンでの火災予防

キッチンの火災はリフォームで予防できます!

 

2008年10月から販売されるガスコンロの基準が変わりました。

200810月より、ガスコンロは全口安全センサーのついたもの以外、製造と販売が禁止されました。この機会により安全なコンロへの交換を検討されてはいかがでしょうか?

 

古いガすコンロ

上の写真は2008年以前の旧式のガスコンロのものです。

下の写真は20087年10月の法令改定後から販売された全口安全装置付の   Siセンサーコンロ。コンロの中心の温度センサーと立ち消え装置が目印です。

新しいガスコンロ

センサーコンロの便利で安全な機能                      ①〈調理油加熱防止装置〉鍋底が250度になったら火が止まります。天ぷら油の温度上昇による火災を防ぎます。

②〈立ち消え安全装置〉吹きこぼれなどで火が消えても、ガスをすぐに止めてくれる機能です。

③〈消し忘れ消化機能〉消し忘れても、一定時間を越すと自動で火を消してくれる機能です。

④〈早切れ防止装置〉温度が250度を超えても消化するのではなく、火力を変え温度調節してくれる機能です。

キッチンの安全を見なおしてみませんか?