セカンドライフ住宅

そろそろ始まるシニアライフ、セカンドライフの準備はもうお済みですか?

長年家族のために働いてくれたご主人。家庭を守り、家族を支えてこられた奥様。やっと仕事や子育てが一段落し、自分のための時間を持てるようになりました。

これから始まるセカンドライフは、自分の時間が増え、旅行や趣味、ご家族とゆっくりと過ごすなど、楽しいことが無限大!

外に出かけることが増えつつも、実は自宅で過ごす時間が大半を占めます。この機会に一番多くの時間を過ごす我が家をより安全で、快適なストレスフリーな空間へとリフォームしてみませんか?

これから始まるセカンドライフ、20年後も健康で幸せに暮らすために、今できること

永住型リフォーム

大きなリフォームをするには、片付けなどをする体力も必要です。出費も大きくなるので、リタイア前の体力や経済力のあるうちにとお考えの方が多いようです。60代の6割以上の方が将来は子供に頼らず、自立して生活したいと希望されています。

そのためには、古くなった我が家を綺麗に修繕するだけではない「安全性」「機能性」を重視した、あと20年を快適に暮らすための最適なリフォームを提案いたします。

単なるバリアフリーにとどまらず、この機会に家全体を見直し、思わぬ事故を予防して、より健康に安全にお過ごしいただけるリフォームが大切です。


キッチンでの火災予防

2008年10月から販売されるガスコンロの基準が変わりました。ガスコンロは全口安全センサーのついたもの以外、製造と販売が禁止されました。この機会により安全なコンロへの交換を検討されてはいかがでしょうか?

キッチンでの火災予防

上の写真は二つハンドルで温度調節をする(ツーバルブ混合栓)という蛇口です。これはお湯とお水の温度調節がうまくできず、急にお湯がでて火傷することがあります。